スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
キノコの女王~それは日本にあった!
もちろん、「キノコの山」とはまったく関係ありませんので~それはまるで、ドレスのような網目状の菌網を伸ばす姿の見事としかいい様のない美しさから『キノコの女王』と呼ばる異名で語られる「ウスキキヌガサタケ」です。スッポンタケ科キヌガサタケ属のキヌガサタケの仲間であります。
キノコの女王様だよ~
宮島を筆頭には西日本のごくごく限られた一部地域にだけ自生すだけの存在なので、絶滅危惧類?(正確には、アレですが)に指定されいるらしい、貴重なキノコだそうです。
タケの回りに生えとる~
こ~んなかんじ!!.
そんなキノコの女王様は、夜明けからたったの1時間で美しくも華麗なドレスに身をまといつつ、そして、約3時間ほどでその一生を終えるという~アサガオ顔負けな儚さは必見かもしれませんね。
いよいよ~~!.
どんどんいくよ==!.
よっし!!~.
さようなら~~~
そこはキノコなので、ドレスをまとっている間にキッチリと胞子の噴出を行っていきます。そして、しなだれていく女王様。儚い一生はこんな風に朽ち果てていきます。ところで、このキノコは一見毒もちのようですが、食べてもとっても美味しいらしくて、昆虫たちにも大人気なのだそうです・・・だから絶滅危惧種なのかな??


よろしかったらポチッ
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[2015/06/29 18:18] | 趣味 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。