スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
断崖絶壁を渡る~ヤギの身体能力
以前、ご紹介した『木登りをするヤギは知っていたけれど~想像を絶していた』ヤギさん達なのですが、やっぱり、身体能力が半端なかったです。特に険しい山岳地帯に住んでいるヤギ達はには、目の前が、岩だろうと崖だろうと断崖だろうと、普通に・簡単に登ってしまうほどの身体能力があるようです・・・うん、そうとしか考えられませんね。
ヤギたちなのですが~~
何でしょうか、目を覆うような場所なのにも関わらないのに、いたって普通の道を進むように歩いていますね。まるで、重力を無視しているような雰囲気を、そこにかもし出しているようです(実際はけっこう無茶してるんじゃないの~なんて思ったり)。人間のロッククラーマーを卓越したヤギのロッククライミングは凄すぎて~おまけに、命綱なんて・・・。
子供でももちろん~
一歩踏み外せば、即ENDな谷ぞこの狭い通り道には恐いどころの騒ぎではないのですが、まだまだ彼らにとっては序の口です。 おそらく、きっと、この崖を超えないことにはエサ場へは行けないのでしょうね。子ヤギ達もお母さんに見守られながら、登らなくてはならない過酷な道中~。 もうワケワカメな、何がどうなっているのか不明なほどの絶壁。
その先どうするの??~
いやいや、その体勢で次のステップでは、どこに足を掛けるというのか・・・ちょっと待て、と、思わず言ってしまいたくなりそうです。その体勢って、無理・無理・無理しすぎでしww!。 ヤギの蹄の作りは、馬のような平ではなくって、引っかかりやすい構造になっているとは理解していも、やっぱり無茶苦茶のように感じてしまいますね。
無理無理無理~~
このルートで登るのは無理だと理解てしまった時には、彼等は果たして引き返すことが出来るのだろうか?なんて気になって気になって、仕方ありませんね。登るのがとても得意だったとしても、けっこう頻繁に落っこちてるんじゃないの?これは~でも、落ちたらご臨終かもですけど。いずれにしても、生まれ変わることがあったとしたとしても、ヤギはちょっとね~なんて思います。。


よろしかったらポチッ
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[2015/06/24 18:12] | 趣味 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。