スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
風邪の予防に良い話
今年は昨年から比べると、かな~り、寒くなっているように感じるのは管理人だけではないと思います。そんな寒い中、もし、この時期に風邪をついつい引いてしまいがちなお友達(ないし自分)がいましたら、騙されたと思って実行してみると良いかもっていうお話。それは、外出する時にマフラーやマスクを使って『鼻』を暖めてみるというモノです。それは、こんな研究結果が米イエール大学より最近発表されたからですね~
時期ですよね~
『寒さが風邪を引き起す原因となることがわかった~体温がほんの少し下がっただけでも。一般的な風邪の原因となるライノウイルスの増殖ペースが急激にあがるからだそうで、この結果は、寒い日に薄着で出かけたり、髪を濡れたままにしておくと風邪を引きやすいという。そして、風邪による咳やくしゃみは体温の低下によって起きるものではなく、むしろ空気の悪い部屋に複数の人間が閉じこもることで、ウイルスが伝播しやすくなると考えてきた』何と言いますか、良くある話ですよね。
ライノか~
ところが、今回発表された研究内容には『温度の異なる細胞内におけるライノウイルス(風邪の原因)の増殖の様子を観察したところ、37℃よりも33℃の細胞内の方が増殖しやすいことを発見した。因みに37℃は体内奥深くの、33℃は鼻腔内の一般的な体の温度である』~ああ、そういうことでしたか、なるほどです。マウスの実験からの判明なのですが、人間にも当てはまるということのなので・・・簡単に考えると夏の間の方が必然的に、ウイルスが増え難い状態になるのですが、冬になると増えやすい状況になります。おまけに、身体の初期免疫反応は33℃では最適ではなくって(体内温度の37℃が理想的なので)、うまく機能しないとのことです。
鼻をまもったほうが~
なるほどなるほど、今まで考えている原因とプラスαのこんな理由もあって、風邪に対する抵抗力が冬には特に弱くなるのですね。ウイルスが伝搬しやすい人混みが主なる風邪の要因であり、そして、鼻の温度の低下かからくる抵抗力の弱まり(これも無視する手はないかも)。例外的に薄着でもピンピンして外出できる元気な人もいることはあると思うのですが、風邪に強くない方の場合には、防寒にはしっかりとした格好で、できたらマフラー&マスクで鼻を暖めておけばさらによいかもです~マスクなら他のウイルス予防も兼ねますしね。
効果がでるかも~
管理人は年間を通してマスクをしていることが多いのですが(肺がんになる危険性を指摘されたため、継続検査をしています。可能性はかなり薄いのですが念のため)、マスクを付け始めて2年くらいになりますが、そういえば全くそれから風邪を引かないので(年に1回くらいは引いていたのですが)、もしかして、効果があるのでは?マフラーやマスクを付ける事に抵抗がないのであれば、風邪予防には更なる効果が期待できる可能性もあるかもしれませんね。


スポンサーサイト
[2015/01/14 18:15] | 生活 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。