スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
知能レベルによって、差が出る真実!?
これは、英国のオックスフォード大学から発表された研究結果なのですが『頭の良い人ほど他人を信じやすく、逆にあまり頭の良くない人ほど他人を信用しない』という調査結果が出たそうです。はたして、本当なんですか?(この論文は科学雑誌「PLoS ONE」に発表されました)と思って、よく読んでみたのですが・・・・どうにも、誤解を呼びそうな日本語タイトルだなって思いました。さてさて、この結果について、皆さんはどう思いますか??
知識なのかな~
調査方法はこんな感じで、『全米世論調査センターが収拾して集めている「総合的社会調査(GSS)」のデータを分析・解析して被験者を選出します。一般的信頼と知性の関連性を見るために、被験者には知力テストをやってもらった後に、彼らの行動や社会的態度に関する質問をします。そして、知力テストでは、語彙テストや、被験者がどれだけ質問内容を理解しているかなどの読解力を含めた知能判定が行われ、総合的な知能判定が行われます』~その結果について、配偶者の有無・教育・収入にかかわらず、知力の高い人は人を信用する傾向が強くて、知力の低い人はなかなか人を信用しないことが判明したということですね。
オックスフォード大学~
研究を行った同大学社会学部のノア・カール氏はこう分析するそうで『知能レベルが高い人は、他人の振る舞いを良く観察し、その性格を見極める術に長けているので、裏切らない人を見極めることができる。よってまわりにいる人間は信頼のおける人が必然的に集まっている。だが知能レベルの低い人は、人を見抜くことができないので、やみくもに心を閉ざしてしまうのではないか?そして他者の人間性を深く理解し、見抜くという能力は、自然淘汰によって進化した人間の知性の明確な一部であると言えよう。ただし、知性と信頼の関連性に関しての理由づけは、他に様々な解釈がある』とのことでした。
感想というか考えてみた~
ここからは個人的なの感想です。いろいろと考えてみたのですが、知的レベルが高くても低くても最初は皆同じだと思います(貧富の差・回りにいる人の質の差がないモノとして考えます)。そこで、普通に騙されたとします~この時の考え方や解釈の違いが、知的レベルとしての差がついて来るのかなって思います。知的レベルの高い人は騙した相手に対する怒りよりも、なぜ自分が騙されたのか?反面教師として考えられるのではないかな(もしくは、自己責任的に)。もう一方では、相手に対する憎しみによって、ダマされた・信用できないが先行して、自分自身の成長が止まってしまうのではないのかな。
もしかしてもしかしますね~
ちょっと、違う側面から考えてみたのですが~もし、自分と全く違う意見を持っている人と出会った時にはどうするかな?この場合の対応の取り方にも、やはり同じような状況が起こりやすいですよね。知的レベル高い人の対応って、自分と違う意見に対して肯定する事から始める事がけっこう多い用に感じます。残念ながら低い人の対応はというと、自分と違う意見が出ると否定する事から始めたり(よくいう話にならん的な感じ)ですね。こんなとこから来てるのか?なんて考えてしまったりしました。。


スポンサーサイト
[2014/12/24 18:10] | 社会情報 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。