スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ストリートビューは見ていた?
この写真を見ていて、少しだけ管理人の息が詰まったのでご紹介したいと思います。Googleストリートビューはご存知ですか?ご存知ですよね~グーグルが提供している地図のサービスで、リアルの景色を360度見渡せるし・世界の名所を診て回ったり・絶景を眺めたり、いろいろ出来て便利です。年々同じ場所を写しているのですが、米国のデトロイトが変っていく様を捕らえていました(廃墟化していく様子です)。
廃墟になって行く様~
「Hazelridge」~下の写真で、上から2008・2009・2011・2013年となっています。2008年は平屋の綺麗なお家と手入れの入っている芝生や道路、普通の感じの風景のような感じ。2011年にはナント、2つの家が消滅してしまって、舗装されていない道路になっていますね。そして、2013年には芝生の手入れも入っていないし・・・もう、残っている2件にも人が住んでいなさそうな感じが漂っています。
少し残念な感じ
「Hoyt」~ここも同じ2008・2009・2011・2013年です。ここも、けっこう落ち着いた感じの2軒のお家で、お隣さんとうまく付き合えればなかなかなですね。2009年の写真を見るとすでに手入れがって感じで、2011年には片方の家がなくなってます・・・なんで?こんなことに、取り壊したてしまったのか、もう、すっかり跡形もなくなっているのが寂しいような。
早すぎるよ~
「Thaddeus and Leigh Street」~ここは2007・2009・2011・2013年です。何か自営業でもしていた感じかな、荷物がけっこう置いてありますね。あ、2011年には、完全に廃墟になっていような、何と言いますか2年経ってさらに瓦礫の山になったまま、見ていると、なんだか心に引っかかって気になってしまいました(管理人だけかな?)。
なんと言ったら・・・
「Arndt Street」~最後は2009・2011・2013年の3枚の写真。最初の写真には、よく見ると、このお家に住んでいる方が写ってます(家族かな?)。2011年には人が住んでいる気配が感じられないのですが、どうなんですかね。そして、2013にはこの有様なのですが・・・人がいなくなってしまうということは、こういうことなんだなって感じる写真ですよね
落書きかぁ~
この定期的に更新されるGoogleストリートビューなのですが、使い方によっては、とっても興味深いと思いませんか?日本的な(滅びの美学)感じも良いとは思いますが、街が発展して行く様や・汚染された自然が元に戻っていく様 等の様子が確認できるたら楽しいかもしれませんね。


スポンサーサイト
[2014/12/17 18:06] | 趣味 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。