スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ガラス細工なの?湿ると透明になる花びら
希少の植物なのでしょうか?東アジアに2種類・北アメリカに1種類と非常に種類が少ない植物なのですが、日本にもその中の1種類が存在していますね。『サンカヨウ』通常では白く清楚な花をつけているのですが、その花びらは、雨や露などによって湿ると、まるで繊細かつガラス細工のような透明の花びらになるそうです。
普通の白い花の感じだけど~
寒い地域、本州中部以北・北海道・大山・サハリン等に分布して、深山のやや湿った場所に生えるそうです。高さは30~70cmで花期は5~7月程。茎の先に直径2cmほどの白色の花を数個つけます。大きい葉自体には花がつかないとの事。花のあと、濃い青紫色で白い粉を帯びた実をつけ、実は食用になり甘いそうですね(by:Wiki)。
雨や露で花びらが湿ってくると~
花びらに水分を含んでくると、ジワリジワリと透明化していきます。それにしても、なぜ白い花が透明となるのかな?もともと透明でって、写真を見る限りそんなふうには見えませんね。光の乱反射というのも・・・なんとなく、そんな感じもしませんし、水分でふやけて(大根を煮た時のような)透明化したのか?ネットで調べてみてもよく分かりませんでした。
どうしてこんな神秘的な~
本当に氷で造形したような綺麗で繊細な美しさ、花言葉は「親愛の情・幸せ」とのことで、ガラスのようなこの花びらを見ていますと、なんだかとっても素敵です。もしかしたら、植物特有の水を経た時に対する反応なのかもしれないですね。いずれにしても、儚くも繊細で美しい、今の時期にぴったりの花のように思いますね。。


スポンサーサイト
[2014/12/01 18:27] | 趣味 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。