スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
弁当大戦~日本 vs かの国
ちょっと前に、かの国のネット掲示板にて『日本の弁当 vs かの国の弁当』というのがあったので、ちょっと見てみました。こ、これは面白すぎると思ったので、ぜひぜひ皆さんにシェアしようと思いました(かな~り痛快で面白かったですね)。もともと、日本でのお弁当というのは、文化に近いものがあると思いますし、そしてその質ときたら、おそらく世界一だと思います。どんな勝負になったのでしょうか??(お茶を飲みながら笑ってくだされ)
コンビに弁当か~
タイトルがものものしかったので、ご当地クラスの勝負になるのかと思いきや・・・どうやら、コンビニや格安クラスのお弁当の勝負な感じですね。そもそも、お弁当という文化がかの国あったのかな?なんて思ったりしたので、なんとなく納得しましたね。最初は日本では何処でも普通に売っているお弁当の写真が並びますね。
安くても優秀~
昼前のコンビニのお弁当売り場や、お弁当屋さんの写真を見ると、200円のお弁当でさえかなり満足できそうです。ご飯だけでなくって、サンドイッチやパンなんかもとっても美味しいと思います~栄養的に若干落ちますが、菓子パンなんかも懐具合によっては利用したりもしますよね。さて、ここからが本番です!!
何故にに~
ほほう、なぜにか牛丼弁当で、しかもレンジでチンするものらしい。やはり、お弁当という文化がもともとないのに、気だけが・・・パッケージを見てみますと、まあ、なんとか牛丼の体裁を保っているような雰囲気ですね。それにしても、丼の写真の右ちょっと上に、なぜにか平仮名で『ぎゅう・どん』と書いてあるのはなぜだろう?気になります。この商品は日本では売られてないだろうに。。
小学生でも、もっと・・・
『なんじゃこりゃ!』もはやお約束なのですが~コレは酷い、まさにかの国クオリティ。記事を読んでみますと、コレがガチらしいのでさらにビックリです。日本でこの牛丼を販売したら、製造元は酷い状況になって潰れてしまいそうです・・・これは冗談ではなくリアルですね。正直な感想を述べますと、日本の食文化と経済力は、かの国のマインドでは越えられない壁だと思います~だけど、物価だけは負けても良いと思いますよ。


スポンサーサイト
[2014/11/20 18:11] | 趣味 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。