FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
木登りをするヤギは知っていたけれど~想像を絶していた
元もとの名前でヤギとは山羊と書くように、山岳地帯や崖等の足場の悪い斜面を少ない餌を求めて移動して暮らしていたので、高かったりバランスの悪い所にも登るのが得意だったりします(高所恐怖症のヤギなんて聞いたこともありませんよね)。ということもあって、テレビ番組等で、ヤギは木に登ったり・断崖を駆け上がったりする映像を見かけることもあって・・・・なんとなく分かっていたのですが、今回ご紹介するモロッコヤギは、その中でも常軌を逸しているような感じがしましたね。
木登りヤギ~
このヤギは木に登ることではとても有名で、写真のように細っこい枝であったとしても体格に似合わない?小さな足で見事にバランスをとって、木の高い部分に生えている苦い芽を食べるんだとか。最初の写真だけでも、かなりビックリものなのですが、このヤギ達はさらに何か根本的なモノが違っていました。それは、まるで映画のように・・・。
おいおい~
ちょっと、お前らそれは『登り過ぎだろ!』もはや木の実のようにヤギが生っているような錯覚に囚われてしまいますよね。それにしても、なんだろうコレはと思われる写真で、予想の斜め上を行き過ぎていると思います。身体能力が素晴らしいんだろうけど、それ以前に何かを感じてしまいます。
やり過ぎ~
どうなんでしょう?上側に上っているヤギが降りたくなったら(もしくはコケたら)、回りにいるヤギ達も道連れにするのですかね?おまけに、こういうのを見せ付けられてしまいますと、ついつい木を蹴飛ばしたり・揺らしたりしてみたい衝動に非常に駆られるのですが・・・・


よろしかったらポチッ
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[2015/02/27 18:27] | 趣味 | page top
東京も負けてない~霧に包まれた都市
霧の都の元祖といったら、ロンドンやサンフランシスコを思い出しますよね(近年現れた汚染物質「PM2.5やら黄砂」による霧の都は霧ではなくって腐海の都)。では、日本が誇る首都東京が霧に包まれたとしたら~そんな映像を管理人は見ました。それは、何か幻想的というよりもむしろパラレルワールド的な情景を強く感じてしまいました。見慣れた都市空間とは違った一面を見せてくれるので・・・近代的な建物と霧は、実はとても相性が良いのかもしれませんね(この動画オススメです)。
Tokyo City

幻想的な都市空間が広がっている感じを強く感じるのですが、正直、都市が活動し出す時間まで濃霧に覆われてしまいますと、東京の首都機能というか交通機関がマヒしてしまいそうですね。通勤電車とかパニックになりそうです。管理人も朝の早い時間帯で、道が霧で真っ白な状態になっている時に出くわす事がたまにあるのですが、なんともいえない気分になります。でも、視界が3mくらいしかない時はかなり恐いですよね~
いいね~
ただ、東京だとつい「これから仕事か~」なんて、考えてしまいますので、幻想的?なんて思ってしまいます(管理人の心の問題かな(*^-^*) )。うん、小説の「首都消失」を思い出す感じも出ていますね。大事なことなので、東京の濃霧はどこかの都市とは違って問題はないですから~


よろしかったらポチッ
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[2015/02/25 18:42] | 趣味 | page top
この絵はアレですよ、何かやばいですよ~変った缶詰!?
オーストラリアといったら何を思い浮かべますか、代表的な動物として、コアラ・カンガルーがいますよね。お土産と言ったら何を思い浮かべますか~管理人的には、マカデミアナッツ・チョコレート・蜂蜜・ワイン・チーズ 等々思い浮かべるのですが、皆さんはどんなモノを想像しますか?・・・そして、好奇心旺盛な管理人は見つけてしまったのです(下写真)。これがオーストラリアをいろいろな意味で表現しているのではないでしょうか?
コアラの?.
う~ん!何でしょうか?この缶詰は・・・直訳しますと『コアラの缶詰』(CANNED:缶詰)なのですが、この感じの絵柄はアレですよね。日本の北海道によくある珍味的な缶詰(鹿肉・トド肉・熊肉・アザラシ肉・猪肉 等々。実は北海道には何回かいったことがあるのですが、この珍味的な缶詰には心が動かされなくって、食したことがありません)、コアラって食用だったかな?このリアルなコアラの絵はガチにしか見えませんし・・・・。
変った缶詰
開けてみると、出てきたのはコアラの顔!なるほど~中身はぬいぐるみだんたのですか~うん、コアラの缶詰といってもウソにはなりませんけど・・・何と言いますか、ぬいぐるみにするなら、もっともっと可愛い感じの絵柄には出来ないんでしょうか?どう見てもぬいぐるみが入ってる感が全くしないように見えてしまいますよね。
ぬいぐるみか~
気になったので、コアラを食用としているのかどうか調べてみたのですが、オーストラリアはもちろんのこと、何処にもコアラを食用としているところはありませんでした。ヤレヤレです。


よろしかったらポチッ
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[2015/02/23 18:32] | 趣味 | page top
女性の自己評価の不思議
女性特有かどうなのかは分からないのですが、すごく特徴が出ていて興味深かったですね~ボディーケア用品大手DOVE(ダヴ)から、女性の自身の美意識がどの程度なのかを調べる為の実験を行ったそうです。元FBI法医学者(ギル・サモラ氏)によって、カーテンで仕切った状態で顔自体を見えなくして、女性自分から自分の容姿の特徴を説明してもらって、モンタージュの絵を作成してもらいます。その後に、一度もその女性を見たことがない不特定の第三者にその女性自身を見てもらって、その証言を元にモンタージュの絵を作ってもらうという・・・出来上がった2枚の絵を比べてみるというものです。
左が本人・右が第3者~
不思議なのがほとんどの女性は、自分自身の容姿について自己の評価が、低かったというか微妙な感じでした。理由はとしては、無関係な第三者の方がサモラ氏に対しての女性の説明した方の絵が、女性が自分自身の容姿を説明したものより絵よりも美人な感じだったのです。左側が女性の説明:右側が第三者の説明によるモンタージュとなっております~
本人の方が~
気になる部分を~
強調するから~
より一層~
目立ってしまう~
かもですね~
何でしょうか・・・まわりは、それほど悪くはないよって思われているのに、、本人側からは、容姿のどこかの部分に対してコンプレックスがあるようですね(輪郭とか、鼻や口とか、お肌やほくろ等)。その箇所を強く強調するような感じで説明するようなので、その箇所がさらに強く出てしまうようで、この違いが生まれてしまっている感じがします。もしかして、女性は場合は、自分自身が一番良くない美容評論家なのかも?こんなデータもありますし、『世界中で自分を美しいと思っている女性はたった4%』だとか・・・奥ゆかしすぎるのも幸せは遠ざかるのかもしれませんね。。


よろしかったらポチッ
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[2015/02/20 18:10] | 趣味 | page top
凄いというしかない!~都市間同時多発花火
映像を見た瞬間の感想は『大都市に対しての激しい空爆か』と正直に思うぐらいの迫力でした。静止画ではこの迫力が伝わらないと思いますので、ぜひ、動画をオススメします。正直、こんなのは初めて見ました。暗闇に浮かぶ都市を恐ろしいほどの花火が襲うww!

これは、フィリピンの首都:メトロマニラより2015年の新年を迎えるにための大晦日に行われた催しとのことで、都市全体の場所から同時に花火を上げるという、想像もつかない信じられない計画を立案・実行してしまったのです。そして、この映像は都市にあるもっとも高い高層ビルから撮影されたそうです(Fireworks over Metro Manila NYE 2014)。花火が大好きな管理人も、この恐ろしいまでの見たことのない花火に、よく見る優雅さではなく「壮大にて豪快・美しさと恐怖」を強く感じましたね。
迫力満点~
本来なら東京のような都市空間では、花火の打ち上げはご法度なので、通常はこんなことは出来ないのですが・・・イケイケGo!な成長著しいマニラだからこそ可能にしたのかもしれませんね。花火とは、エキサイテングな催しだったのだと改めて感じました。当然、この都市間同時多発花火は世界各国で、衝撃を与えたそうです。もう、本当に開いた口が塞がらない感じでしたね~


よろしかったらポチッ
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[2015/02/18 18:33] | 趣味 | page top
カップラーメン対決~『日本 vs かの国』
今年最初の対戦モノの記事なのですが、何回か書いていて疑問に思ったことがあります。うすうすは気が付いてはいたのですが、かの国とは非常に自虐感がお好きなのでしょうか?まあ、どうでもいいコトなのですけどね。日本ではかの国よりもはるかに高い人件費で、流通するための経路もはるかに長い、というにもかかわらずほどんと変らない価格~そんなカップラーメンの比較しますと、もう、文化というか・民度というか・国力というか、何を考えての比較なんだろうと思わずにはいられませんね~
日本の定番カップ~
上写真のズラっと並んでいるカップラーメンは、日本ではメジャーで昔からある定番モノから最新のモノです。安価な値段にもかかわらず麺と具財が適量にマッチしていて、お店屋さんのラーメンよりは落ちるものの、安定した味を誇っています。豊富な種類もあって、好みに応じて選べますしちょこっと小腹が減った時とか、夜食になんか食べた日には・・・なかなか至福の時間が過ごせますよね(カップラーメンが好みではない場合はゴメンなさいです)。
美味しそうね~
ちょっと前までは、他国製のカップラーメンとは比べたことがなかったから分からなくて、これが普通かと思っていたのですが、そうではないようです。写真を見ているだけで食べたくなったりします。脂分が大目なので、毎日のように食べるのは微妙な所がありますが、買い置きをしておいて、たまに食べる分には問題ないと思います。さて、以下の写真は件のかの国のカップラーメンになりますので、ここからが本題であります(お茶を飲みながら生暖かい目で眺めて頂ければ・・・)。
麺だけ??
すばらしい!具財と呼ばれるモノなどほどんと存在していないので、インスタントの麺自体を心底楽しめそうな感じがします。多量に含まれたグルタミン酸ナトリウム(うまみ調味料)と単純な辛さ出来ている味付け~これに慣れ親しみすぎて、日本のカップラーメンはマズイとのたまうあたり、味覚自体が死んでいるような・・・。商売人目線で考えると、楽でちょろ過ぎる感があります。第3者目線で見るまでもなく、製品自体の質や原材料などは、日本の方が圧倒的に良いと言わざるおえませんね。
お断りです~
いやはや、かの国のラーメン業者も最大限にコストを削減して、安い化学調味料と唐辛子粉を入れた程度のモノを提供している(日本では会社が倒産するレベル)というのに、消費者はそれ程度のモノをピリ辛で美味い!日本のラーメンよりも美味しいと褒めたりします。文句を言うどころか、擁護してしまうレベルとは~なんとも平和で不思議に幸せそうな、かの国の消費者達のようでした。やはり、ボッタクリも国技の一つということなのでしょうか??


よろしかったらポチッ
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[2015/02/16 18:27] | 趣味 | page top
洋画を見るときはどちら?
昔からよくある話なのですが、洋画を見るときは『字幕』ですか?それとも『吹き替え』ですか?~ちょっと前まで、音楽に関してはネットからのダウンロード販売が優勢を保っていたのですが、ここ最近になってはアナログ系も見直されて良さが再評価され始めているようです~そして、レコードの生産・再生産が販売数を伸ばしているとか。そんな対極にある関係のように、この字幕と吹き替えではどちらがお徳なの?好みじゃっていうのもあるのですが、専門家の意見というのも参考になるかも?
吹き替えか字幕か?.
なんとなく、映画通っぽい人ほど字幕にこだわるそうなイメージがあるのですが『映画批評家の前田有一氏は、意外にも「総合的には吹き替えのほうが優れている』そうですね。理由としては『字幕は一度に表示できる文字数に限りがあり、台詞にかなりの省略や意訳が必要。翻訳がオリジナルのニュアンスとかけ離れてしまうことも多く、複雑なストーリーや情報量の多い映画を一度で理解したいなら、吹き替えのほうがおすすめです』とのことでした。こう言われてしまうと、好みはさて置くと、わりと納得できますね~
好みはではありますが~
顕著に出るのは、細部まで映像にこだわった大作ファンタジーとか、ディズニーやピクサーのCGアニメとか、理解の難しい社会派ドキュメンタリー等々は、字幕に目を走らせていると、目で追いきれなくなって良いシーンを見逃してしまったり残念なことがあるので、吹き替えの方が良さそうです。では字幕はというと、やっぱり、原音重視でオリジナルだからこその魅力、それが大きく損なわれてしまうかもしれないミュージカルや音楽映画・会話の駆け引きやニュアンスが大事になってくるコメディ系字幕の方が。おまけに、俳優自体によっても変って来るかも知れませんね。
管理人は吹き替え派~
1回ポッキリなら吹き替えで、その映画の特性をいかして字幕でというのがベストでしょうか。本人の好みが最重要ではありますが、参考にはなるかもですね。ちなみに管理人は吹き替え派ですね~字幕は嫌いではないのですが、映像に目が行かなくって、文字を読んでいるだけになってしまうので、いつからだったか忘れたのですが気が付いたら吹き替えを好むようになっていました。。


よろしかったらポチッ
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[2015/02/14 16:27] | 趣味 | page top
お水、ミネラルウォーターはどのくらい持つの?
日本のお水、水道水は普通に飲めるのですけれど、最近ではさらに美味しく安全に飲むためにミネラルウォーターを買う方もいらっしゃるかと思います。さてさて、知っていましたか?水のペットボトルに記載されている賞味期限なのですが、実はコレってお水自体の賞味期限ではなくって~ペットボトルの期限なんだそうです(管理人もびっくりしました)。管理下の元で精製された水は、そう簡単に劣化して悪くなるようなことはなっくって、賞味期限なんてあってないようなモノ、というくらい長いそうです。
ミネラルウォーターだけど~
ところが、1987年になってアメリカのニュージャージー州で『最長で2年の期限を記載する』ということが規定されて義務付けされたのが、起源だったとされています。とはいっても、現在では規制自体はなくなっているのですが、生産過程で通常印刷されるのが慣例として残ってるとのことですね。他の賞味期限のある飲み物と同じ機械をを使ってることから、水もに対してもそのままの形で~というのが、記載され続けているそうです。
ペットボトルがみそか~
水自体は悪くなることはないのですが、その容器のペットボトル(プラスチック)には若干の浸透性があって、長期間を経てくるとペットボトル自体・外部の臭いが水につくことがあるようです。容器がペットボトルの場合には、長期間の保存には向いていないようですね。おまけに、輸入物の海外のミネラルウォーターに使用されているペットボトルは、日本のモノと比べると強度が弱かったり・傷みやすかったりするので、夏の暑い季節に放置しておいたりしていると・・・特に劣化も進むと考えられます。いずれにして、長期間の買い置き保存はあまり良くはなさそうですね~


よろしかったらポチッ
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[2015/02/12 18:27] | 趣味 | page top
ポップコーン物語~映画館にて
管理人はスナック菓子のポテチをこよなく愛していますが、ポップコーンも実はかなり好きなので、時にはついつい浮気をしてしまいますね。塩・チーズ、キャラメル・チョコ 等の定番から甘いものまで、そして調味料などを加えて、さらなる味のバリエーションが楽しめるのが楽しいです。そんな中、最近では多くの映画館でポップコーン普通にが売られています。さて、この流れは実はアメリカから来ているのですが、どうして映画館でポップコーンが定番商品になったのか、ちょこっと疑問に思いました。
美味しいよね~.
ポップコーンとは、元々ネイティブアメリカンの方々がトウモロコシを食用として、利用し始めた当時から存在していたようです。なんと、ニューメキシコ州では紀元前3600年頃の遺跡から、ポップコーンの痕跡が見つかったりしています。調べてみると彼らは、焚き火の中に乾燥させたポップ種の種子を投げ入れて、焚き火から勢いよく飛び出したモノを食べていたようです。その後、アメリカでスナック菓子として、市場に出回って食べられるようになったのが、1800年代半ばからのようで・・・その頃から、ポップコーンは祭りや催し物でのお供に絶大な人気があったそうな。
歴史はあるよ~
当初、無声映画の頃には、映画館での飲食自体(当然ですが、静かな場所での音は厳しいですよね)が敬遠されていたためにポップコーンはお呼びではなかったようです。ところが、1927年にトーキー時代(音声の付いた映画)が始まったことと・映画自体が一般大衆の娯楽となることによって、安価なポップコーンが好まれるようになって来ました(無声音の映画は基本的に、読み書きできる教養人の娯楽だったようです)。そして、映画を観に行くというのは、どんな人でも楽しめる娯楽になって、それと共にポップコーンが広がって行く事になります。
昔から人気~
当時は映画館側とは関係のないポップコーン売りの方々が屋台で販売していました(初期の映画館ではポップコーンマシンはなかったため)。俗に言うテキヤ的な屋台売りの人が、多くの客に直接売ることができるとあって、このチャンスに集まってきました。そして、屋台売りは映画館だけでなく、場外もポップコーンを販売するようになって、映画客だけにとどまらずに、通りすがりのお客にも売って利益が上げて~さらに、わずかな手数料を収めるだけで、映画館内のロビーでも直接売ることができるようになり、不動の地位を確立して行く事になりますね。
そして伝説へ~
とうとう、映画館が独自の設備を導入することによって、ついにポップコーンが定番化する運びとなります。現在、日本でも大きな映画館には、アメリカ式のポップコーンが導入されて販売されているのですが、正直高いと思います(味は最高ですけどね)。アメリカの映画館の入場料金はとっても安いのは、観客がとても飲食代金を使ってくれるってことなのですが・・・・日本ではどっちも高いのが残念ですよね~


よろしかったらポチッ
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[2015/02/10 18:00] | 趣味 | page top
ロシアはやっぱりロシアだった~街角ホラー
何でこうなうなるのでしょうか?公園とか施設に設置してある遊具や彫刻 等、そのお国柄ってよく出ます~そんな中で、どうしてロシアはこんな事になるのか・・・本当に摩訶不思議ですよね。そんな感じで紹介されていた遊具や彫刻を物好きな管理人が見た所、これは、と思いまして紹介する事にしました。不気味な遊具・彫刻が幾つも揃っている公園の雰囲気の異様さは、もしかして、伝統文化なのではと思わせます。そして、こちらの感覚がおかしいのでは?と、思わせるような凄みまでかもし出しているように感じますね。
天然なのか??
なんだろう、このおどろおどろした感じは、決してモノが古くなったからかもし出しているワケではないと・・・百歩譲って、顔に愛嬌?を持たせている努力のような跡が、見て取れなくもないのですが、かなり好意的に感じ取らないと、相手に伝わらない(特に子供に)ような気がします。右下のゾウかカバか不明なのですが、ちぎれてしまった右足に包帯を巻いているような感じなのですが、遊具にこれはないわ~なんて、思ったり。。
これはもしかして~
う~ん、悪夢というか・ばけものというか、こんなモノが設置してある公園で遊ぶのはどうなんでしょうか?それに、日本から比べると公園等にある電灯とかは、凄く少ないので、もはや夜は正直なところ歩けないのでは?なんて思います(首が取れてたりとか、え!これは・・・みたいのが多すぎ)。いやいや、彼らから見たとしたら、日本のセンスの方が異常に見えるんでしょうかね?う~ん、それはないと信じたいところです(一人この場にいたとしたら、きっと、おかしな気分を味わえるのでは・・・と、思わずにはいられませんね)。
微妙な嫌がらせ?
この銅像は、おそらくソビエト時代の頃に作られたように見受けられます。世の中も時代も変って仕方ない所なのですが、もの寂しい風景ですね。右側の像もソビエト時代の残りか・・・はげてなくなってしまっている顔に、ヤレヤレなペイントが施されて残念な感じに。手入れの入っていない捨てられた感が漂ってきます~
それにしても・・・
もう、ここまで来てしまいますと、何の像やwという突込みを激しく入れてしまいたくなりますね。う~ん、ロシアではコレがデフォルトなのかって、誰向けの像なんでしょう(少なくとも子供には悪い意味でのトラウマしかあたえないような)。宇宙人っポイのも微妙に、神経を逆撫でするような感じが・・・それにしても、シュール過ぎて背中がホロ寒くなりますね。
コレ、ホラ~だよね
コレは本当に子供向けに作られたものなのでしょうか?そして、本当に喜ぶんでしょうか?いささか疑問に思います。大人向けだったとしても、ってそれは無い様に思うのですが、どうでしょう?たしかに、たしかに、30年くらい前の日本にもこの手のようなモノが、存在していたと記憶はしているものの、今は少なくとも公共的にはなくなってしまったと思います。〆の言葉はこれですね~やっぱりおそロシアという所でしょうか。


よろしかったらポチッ
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[2015/02/08 06:54] | 趣味 | page top
ナイスアイデア!?~近未来カー
スーパーカーと言ったら、オープンカーで金髪美人をはべらせて(いつかのバブルの時代)が定番だったと思います(管理人の)。それはさておき、映画の『トロン』に登場する車のデザインを意識して作られたという「ランボルギーニ・アヴェンタドール」(下の写真)で、これがまた、普通のランボルギーニーよりも美しいとのことです。。カッコよさが話題なのですがお値段もお高くて(普通に億の世界なので)、管理人を含めた一般ピープルには縁がない車なんですよね。
これは、本物のスーパーカー!
この車に影響された強者が思い切ったことをやってくれました。それは、普通の車(トヨタ社のトヨタ86)に思い切ってビニールテープ(夜光反射用)を、上記の車のような感じで貼って、手軽にトロンカーに変身させたのが以下の車です。その出来栄えはどうでしょうか?もちろん、ビニールテープを貼っただけなのですが、想像したよりも良い感じ~前から見ても後ろから見ても赤いラインがくっきりと走っていて、黒系の色に浮かび上がっているように見えます。昼間に見ても一般のトロンカーっぽいですよね。
ビニールテープ装着カー
ところが、その真髄は夜になるとクッキリ現れてきます~夜間になるとそのテープは、夜光反射によってさらに目立って、いよいよ、SF映画から飛び出して来たような感じの未来感を感じますね。なんとも角度によって色合いが、微妙に違ってくるのもなかなかにクールに見えてしまいます。 海外の多く人の心を掴んだのは、安上がりな上に手軽ということで、かなり好評を博していました。
なかなか~
雰囲気でてますね!
実は交通の面からも以外に優れているそうで(夜間はとても目立つとのことで)、交通安全の面でも優よいようです。これを作った方は、オーストラリアにて乗車しているそうで、法律的なトラブルは出ていないとのことです。警察からもクレームどころか、良いリアクションが来ているそうです。最初は「えっ」思ったのですが、写真と記事を見ていたらいたら、始めるのも止めるもすっごい簡単なので・・・車好きには楽しいかもしれないです。もし、日本でもこんな感じの車を見かけたら、アレかもしれないですね~


よろしかったらポチッ
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[2015/02/06 18:25] | 趣味 | page top
人の仕事が減っていく~マックでも?
ちょこっと前に、異物混入でやら捏造やらで話題をさらったマクドナルドなのですが、本家のアメリカではいろいろと始まっていますね。いつだったかな?コンピューター制御やロボット等によるオートメーションシステム化とITが進んで行きますと、人間の仕事はどんどん減っていくと言われていました。そして、アメリカのマクドナルド店で、いよいよ、定員に代わって機械が注文を受け付けるようになったそうです(2014年)。どんな感じなのかな?好奇心旺盛の管理人はとても気になりました~その写真をご紹介しますw
マックもか~
なんと、これがマクドナルドのメニュー受け機械ですと!ホップで明るい感じで、アミューズメントセンターにある感じに見えますね。時代はというよりこれからはなのでしょうか、店員を通さないで、客自身が自分で画面を操作して注文できるようになってます。日本でも前々から回転寿司・牛丼屋 等で、タッチパネルや食券機が導入されて久しいですが、とうとうマクドナルドもこうなったという感じでしょうか(変なメニュー変更よりも、この機械を導入した方が・・・)。こうやって人の仕事場がなくなって行くのは、時代の流れですかね~
良い話なのかな?
ということは、ファーストフードやレストラン(フランチャイズ)等も、もうしばらくすると、人が対応するのではなくって・・・なんて、時代も見えてきます。日本特有かどうかは分からないのですが、モンスター客(昔の日本人にはいなかったような)って増えてきていると思いますので、こういうこともコスト以上にアリかもしれませんね。管理人はどちらでも良いと思っていますが、実際にサービス系の仕事が、対人対応よりも機械対応の方がいい(モノによりますが)と考える人って多いのでしょうか?統計があったら見てみたいと思いますね~

よろしかったらポチッ

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[2015/02/04 18:06] | 社会情報 | page top
やっぱりロシアの感覚は一味違ってた・・・
日本の回りにある近隣諸国には、微妙な国が多いですよね(悪い方向に)。でも、中途半端な関係の大国の一つ、ロシアというのはベクトルというか方向が別次元を向いているようで。それを象徴するかのように、一つの銅像がロシアで建てられたそうです。またまた、物好きな管理人が見つけてしまったので、ぜひぜひ、見て頂きたいかな~と、一見、日本にもありそうな感じがしないでもないのですが・・・やっぱり、ないよなぁ、このちょっと気恥ずかしい感じの『浣腸の像』はねぇ~
何の像??
ロシア南部にある都市、スタヴロポリの町に立てたられた、世界で初となる浣腸の銅像(2009年当時、ほぼ間違いありません)です。そして製作費はなんと450万円もするそうで(実は銅像の値段はよく分からないんですけど、きっとロシアでは大金かと)、高さは1.5メートル強、重量400kg、3人の天使が祝福するかのようにして持ち上げています(浣腸器を)。この地域は実は温泉の有名な保養地だそうで、この地の水を使った浣腸は、実際に胃腸の病気によく効くとのことですね。なので『思い切って地域の象徴である浣腸を銅像にしてしまえ!』ということらしいです。。
浣腸の像~~
たしかに薬効やら地域の活性化やらを考え抜いての事だったと思いますと、この微妙な?浣腸の像にも、ありがたみが出てきそうな感じもしますが・・・製作者というか、約450万円の製作費を出したスポンサーは、なぜにか匿名だったそうです。う~ん、この浣腸の像のスポンサーって思われたくなかったのかな?とか、やっぱり浣腸のイメージってどうよ?とか、気にしてしまったのでしょうか?はい、もちろん管理人がスポンサーだったとしたら、当然匿名にしますね(その前に、浣腸の像はないわ~なんて思います)。。

よろしかったらポチッ

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[2015/02/02 18:35] | 趣味 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。