FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
夜空に美しく煌く閃光・・・
ロケットの打ち上げには天候が非常に重要になりますので、その状況に左右されますよね。でも、日本・アメリカのロケットの打ち上げの時の映像って、ほどんとが昼間の時間帯だと思います(もしかして、カメラを回すため?そんなことはないかな)。
夜空に~~
夜間に行われることも多いのですが、映像としてはあまり見たことがありませんね。そんな時には、さすがのロシア!都合が良い時には、夜間もお構いナシに夜空に打ち上げられます~ロシアの夜空を引き裂いて飛ぶ、ロケットの美しい打ち上げ写真を見たら・・・。
アルマトイ~
『アルマトイ』・・・カザフスタンの南東部にあるアルマトイという場所から見たロケット打ち上げの軌跡です。彗星とはまったく違う美しい光景です~角度が微妙に大陸間弾道ミサイルっぽい感じがしなくもありませんが、このまま宇宙空間に飛び出して行くと思いますと、子供の頃にあったワクワク感が沸いてきますね~
ヤロヴォエ~
『ヤロヴォエ』・・・ロシア中南部のアルタイ地方にあるヤロヴォエで撮影されたロケットの軌跡です。外気温は極寒のマイナス27度なので、その寒さを切り裂いて進んで行く事によって夜空には美麗なロケット雲が大きく長く伸びて行っていますね。一度でいいから、生で見てみたいものです・・・音なんかはあるのかな??
トムスク1
『トムスク』・・・ ロシアのシベリア西部の都市にあるトムスクから撮影。管理人の一番のお気に入りの写真です。
トムスク2
これは、静止気象衛星を載せたロケットの打ち上げだそうです。夜空に光り輝く閃光は、まるで人口のオーロラの様~
トムスク3
天空を一面に覆うロケット雲がもうすでにSFの世界で、もし、リアルで見ることが出来たのなら、きっと時間を忘れて見入ってしまいそうです。ところで、街の近くのような気がしくもないのですが、事故が起きても大丈夫なのかな・・・なんて考えてしまうのですが、ロシアなら大丈夫って思ってしまうところが、アレですよね。。


よろしかったらポチッ
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[2015/06/10 18:16] | 生活 | page top
この猫は、上ってる?下りてる?
人の脳とは頻繁に誤作動を起こしたります。この一枚のネコちゃんの写真が、今話題になっているそうです~この写真をパッと見た瞬間に、階段を上っているように感じるか?もしくは、下っているように感じるか?そして、今一度見たらどっちに見えるでしょうか?こういうのってけっこう面白いかなって思います。写真を見ているだけで、ああでもない・こうでもないってウンウン悩んでる時間が楽しいですよね~
上ってる下ってる
いくつか考えられるのですが、階段の縁があったり、猫の背後には明るい壁っぽいのが見える感じから下りているとも考えられるし、階段の上から下を見下ろすような視点であって、階段の縁は上向き用の滑り止めのような感じで、上っているとも考えられます(背後の明るい部分が床として)。

正解は語られていないので本当の所は分からないのですが、管理人ならこう考えますね。まず、ネコを見て判断するのか、それとも、階段や壁を見て判断をするのか~コレを両方で見てしまいますと、すっごく分かりにくく感じます。ネコを見るなら、脚の運びや尾の立ち具合から考えられますし、階段や壁を見るなら、光の具合や汚れの感じから考えられますね。はたしてどっちなのか?とかく脳は騙されやすいというのもあって、いろいろな意見を聞けば余計に混乱するかもです。ちなみに管理人は上がっているように思います~


よろしかったらポチッ
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[2015/04/13 18:23] | 生活 | page top
シンプル好きなフィンランドでは~そして・・・
フィンランドと言いますと、北欧の国であって気候は寒くって、福祉が充実していてプライバシーを尊重している国・・・管理人の知識ではこれくらいしかありませんでした。でも、知ってきますと以外に個性豊かな国である~ということが分かってきますね。ネット上にて、「私たちフィンランド人は、とってもシンプルがすきなんだ」と、その代用的ともいえる比較画像が紹介されました。はたして、どんな感じなんでしょうか?
フィンランドって~
そういって紹介され始めたのは、他都市の路線図マップ(電車)です。ロンドン~パリ~ニューヨーク、それぞれの大都市ならではの味が出ていますね。うん、どの都市も日本で言うところの名古屋クラスな感じでしょうか?イメージ的に、海外の都市では電車もさることながら、車社会っぽいところもあるので、それ程、複雑にはならないのでは・・・なんて思っていたのですが、これはww!
各都市路線マップ~
シンプルすぎ~
そして、フィンランドの首都『ヘルシンキ』の路線マップが、超シンプル過ぎです。いくら人口差があるとはいっても、開いた口が塞がらないヘルシンキ・・・。これは、簡単すぎというか「これですむんかい」と突っ込みを入れてしまいたくなりますよね。これについて各都市の路線マップが次々と紹介され始めたのですが、ついに、真打というか魔都の路線マップが紹介されました。
超ラスボス感が~
『どこの都市だって魔都東京には勝てやしない』と、ででんと掲載されていた路線マップの超ラスボス感がハンパありませんね。動脈のように巡っているJR路線網を筆頭に、静脈のように各地域を巡っている私鉄網、そして、毛細血管のように隅々まで行き渡っている地下鉄網、その様は、まるでMMO(大規模オンラインRPG)からレイアウトされた首都の様相をしていますね。。。


よろしかったらポチッ
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
[2015/03/20 18:31] | 生活 | page top
無駄な脂肪も実は・・・
最近、ちょっと脂肪が付いちゃったかな?という感じの方には、かなりの朗報かもしれませんね。この記事を書いていて、ついつい、管理人も自分の体重が気になって体重計に乗ってしまいました(ここのところ、ブログの記事を書きながら、たくさんの甘いモノをほうばっていまして・・・体重を確認すると56kかぁ)。今回もアメリカの研究機関の発表なのですが(カリフォルニア大学サンディエゴ校:皮膚科学の権威ドクター・リチャード・ギャロ)『人の皮下にある脂肪が細菌の進入に対して、感染を遅らせてくれる(白血球が始動するまで)かもしれない』とのことでした!
余分な脂肪だけど~
『マウスと人間の脂肪細胞を使った実験では、脂肪細胞もまた(免疫細胞なら知られていたけれど)、抗菌性の化合物を放出して、感染症を撃退しようとする反応があった』なるほど、いろいろな細菌に対して効果は現れるようなので、真実性は高いと思われますね。必要以上についてしまった脂肪がそれ程の役には立たないどころか、見た目にも健康にもよろしくないと叫ばれるようになっている昨今では、これは以外なニュースかもです。特に、抗生物質の利きが悪いとされる細菌に対して、この時間がかなり大事になってくることがあるようです。
おお!こんな~
よくある落ちなのですが、際限もなく脂肪が多ければ多いほど良いのかと言いますと、そういう訳にはいかないようで~そのまま、感染症への抵抗力が増すことには繋がらないそうな。『肥満やインスリン耐性は、結果的に脂肪細胞の従来の反応を妨げる可能性があり、却って抵抗力が低くなることもある』世の中なかなかうまく行かないようなのが残念です。おまけに、肥満をわずらってきますと、皮膚感染のリスクが高まる可能性が高くなるのも見逃せないところです。
とは言っても~
昔、管理人は普通に80kgオーバーの時期がありまして、太っていた頃は、ウィルス性の病気や寒さにはめっぽう強かったのですが、足腰の弱さや吹き出物が多かったのを記憶しています。56kgの現在では、寒さにめっぽう弱くなったのと胃腸が弱くなったのですが、吹き出物はまったくなくなりましたね。う~ん、結論的なことを考えてみるとあんまりにもストイックな体格やら・あんまりにもタプタプな体格では、ダメヨーダメダメっていうことになりそうです。


[2015/01/16 18:04] | 生活 | page top
風邪の予防に良い話
今年は昨年から比べると、かな~り、寒くなっているように感じるのは管理人だけではないと思います。そんな寒い中、もし、この時期に風邪をついつい引いてしまいがちなお友達(ないし自分)がいましたら、騙されたと思って実行してみると良いかもっていうお話。それは、外出する時にマフラーやマスクを使って『鼻』を暖めてみるというモノです。それは、こんな研究結果が米イエール大学より最近発表されたからですね~
時期ですよね~
『寒さが風邪を引き起す原因となることがわかった~体温がほんの少し下がっただけでも。一般的な風邪の原因となるライノウイルスの増殖ペースが急激にあがるからだそうで、この結果は、寒い日に薄着で出かけたり、髪を濡れたままにしておくと風邪を引きやすいという。そして、風邪による咳やくしゃみは体温の低下によって起きるものではなく、むしろ空気の悪い部屋に複数の人間が閉じこもることで、ウイルスが伝播しやすくなると考えてきた』何と言いますか、良くある話ですよね。
ライノか~
ところが、今回発表された研究内容には『温度の異なる細胞内におけるライノウイルス(風邪の原因)の増殖の様子を観察したところ、37℃よりも33℃の細胞内の方が増殖しやすいことを発見した。因みに37℃は体内奥深くの、33℃は鼻腔内の一般的な体の温度である』~ああ、そういうことでしたか、なるほどです。マウスの実験からの判明なのですが、人間にも当てはまるということのなので・・・簡単に考えると夏の間の方が必然的に、ウイルスが増え難い状態になるのですが、冬になると増えやすい状況になります。おまけに、身体の初期免疫反応は33℃では最適ではなくって(体内温度の37℃が理想的なので)、うまく機能しないとのことです。
鼻をまもったほうが~
なるほどなるほど、今まで考えている原因とプラスαのこんな理由もあって、風邪に対する抵抗力が冬には特に弱くなるのですね。ウイルスが伝搬しやすい人混みが主なる風邪の要因であり、そして、鼻の温度の低下かからくる抵抗力の弱まり(これも無視する手はないかも)。例外的に薄着でもピンピンして外出できる元気な人もいることはあると思うのですが、風邪に強くない方の場合には、防寒にはしっかりとした格好で、できたらマフラー&マスクで鼻を暖めておけばさらによいかもです~マスクなら他のウイルス予防も兼ねますしね。
効果がでるかも~
管理人は年間を通してマスクをしていることが多いのですが(肺がんになる危険性を指摘されたため、継続検査をしています。可能性はかなり薄いのですが念のため)、マスクを付け始めて2年くらいになりますが、そういえば全くそれから風邪を引かないので(年に1回くらいは引いていたのですが)、もしかして、効果があるのでは?マフラーやマスクを付ける事に抵抗がないのであれば、風邪予防には更なる効果が期待できる可能性もあるかもしれませんね。


[2015/01/14 18:15] | 生活 | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。